茨城県|釣り具の買取について

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 茨城県 > 釣具買取専門店アップツリー

釣り具の買取について


"釣りをする上でエサというのは非常に大事なものである。昔は生き物のエサしかなかったのだが、最近は当たり前のようにルアーが売っている。
イメージ的に若者はルアーで釣って、おじさんはエサで釣るというのがある。
実際漁港で釣りをしているとそういうのが実感できる。
そういう自分はというと、どちらもできる。正直気分次第と状況次第で決めている。
エサを持って釣りをすると少し荷物が増えるので、荷物を軽くして移動が多い釣りの時はルアーにするようにしている。
そして暑い時や寒い時は少しだけ釣りをして、すぐに車に避難したい時はルアーで釣ることが多い。
エサのように放っておいて釣れることはないので、操作性が必要である。
でもそこが面白い。ルアーの色を変えたりサイズを変えたりと自分なりに考えるのが楽しい。
逆にエサ釣りの場合は居座って釣ることが多い。撒きエサをして魚を集めて釣る釣りや、エサを付けて何度も移動をしたりすることもある。
どちらがよく釣れるかというとどっちもどっちである。
魚の気分次第という感じがする。例えば魚が小魚をよく食べている状況でエビはまず食べない。
そういう時は小型のルアーを投げて釣るのが一番手っ取り早い。
これをエサにした場合、手元に小魚があればいいが無ければ小魚を釣るところから始めなければいけないからだ。
自分の場合はエサ釣りを基本としながら、ルアーは必ず車に入れている。
そうするとエサ釣り師からルアー釣りのお兄ちゃんにすぐに変身できる。"